3.days-japan

Drawing the sun

http://inouemiyuki.com/pages/sun.html

Posted in 3.days, 3.days-japan Drawing the sun はコメントを受け付けていません。

こないだの雪

TX守谷駅前。

前から気になっている、円形吹き抜けのあのスポットに雪が積もっていたので、興奮しました。

Posted in 3.days-japan こないだの雪 はコメントを受け付けていません。

一年生に作品をお返しする

昨年秋、取手にある小学校の一年生を対象に、ワークショップをさせてもらいました。
その作品は12月に市民ギャラリーで展示され、今日返しにいきました。

一人ずつ、手紙(展覧会来場者の人たちが子ども達に書いてくれたもの)と、全体写真を渡したあと、もう一度作品を鑑賞しました。
作品は、大きな紙一枚に、みんなの絵がまざったものだったので、ほしい部分に印をしてもらい、きりとることにしました。

いろんな線がいりまじっており、どれがどのこのものかわからないドローイングもたくさん。
子どもに指でなぞってもらうなどもして、かたちを発見しながらの切り抜きでした。

子どもが五時限目の授業を受けている間にほぼ無事きりぬきおわりました。

希望者だけ持ち帰ってもらうことにしていたので、どれくらいの子がいるかな、と思いきや、大半の子が作品を持って返りました。

井野団地で数人の子どもと一緒に何かをすることはあっても、44人の子どもたちを相手にしたのは初めてでした。

参加してくれた44人の一年生、子どもたちをまとめて下さった担任の先生方、作品返却の場所と時間をわざわざ下さった小学校、ワークショップを企画し、私に声を掛けて下さり、手伝って下さった金子さんと添田さん、展示してくださった親御さん達とTAPの方々、本当にありがとうございました。

<メモ>
子ども達が下校した後、先生がはなしてくださったこと
・子ども達は、ワークショップをしたときの準備体操的な「走り描き」が大変印象に残っているらしい。本番よりもむしろそっち。
・近辺に、道路や壁にチョークで落書きできる場所がなかなかないそう。地面に棒で絵を書いてけんけんぱをすることを知らない子もいる。
・とある会話
(先生)「井上さんが作品を返しにくるよ」
(とある子ども)「え、あの大きな紙をどうやってもってくるのかな。拡げたまま歩いて…?」
(先生)「うーん、どうしたらいいんだろうね」
(別の子ども)「たたんで持ってきたらいいんじゃないかな」
(先生)「そっか、なるほど!」

Posted in 3.days-japan 一年生に作品をお返しする はコメントを受け付けていません。

帰国のあと

8月に日本に帰ってきて、お帰り会でシュールスとレミングを振る舞いつつ(臭い生魚の缶詰)、軽い報告もしました。

つくばにもどって論文と制作をしています。

よく、筑波山の?真壁の?古い薬師寺にたくさん通って録音しました。これが何になるかはまだわかりません。

Posted in 3.days-japan 帰国のあと はコメントを受け付けていません。